できることを伝えよう

決めた理由を聞かれる場合

どうしてこの企業に転職しようと思ったのか、面接で質問されることが多いです。
その際は前の仕事が嫌になったからと答えるのではなく、こちらの企業に大きな魅力を感じたからと伝えてください。
すると、ポジティブな印象を与えられます。
前の仕事が嫌になった、自分に向いていなかったと伝えると、ネガティブな印象を持たれます。
あまり良くありません。

企業に入社してやりたいことを伝えましょう。
すると仕事に対して、やる気を持っている人だと判断されます。
やる気を持っていると、好印象に見えるのでどんどん積極的に伝えてください。
部署などの希望が決まっているなら、それも伝えましょう。
すると、希望の部署に入れてくれるかもしれません。

これまでの功績をわかってもらう

企業側は、何ができる人なのか知りたいと思っているはずです。
そのために、これまで自分がどのような仕事をしてきたのか伝えましょう。
携わってきたプロジェクトや、成功させた実体験などを説明すれば、信頼できる人間だと判断してくれます。
何も実績を持っていないと、仕事を安心して任せて良いのか不安に思わせてしまいます。

たくさんの実績があれば、それだけ信頼されます。
優秀な人だと思ってくれるので、すぐに採用してもらえるでしょう。
自分は即戦力になると、アピールしてください。
即戦力になるほどの実力を持っているなら、どこの企業にとっても役立つ人なので好まれます。
そのように自分からアピールしないと、魅力をわかってもらえません。


▲先頭へ戻る